国民健康保険の運営が都道府県単位に広域化されます

こんにちは、豊橋市役所です。今週は、「国民健康保険の運営単位の広域化」についてのお知らせです。

 

4月から市町村の国民健康保険は都道府県単位になります。県が財政運営の責任主体になり、高額な医療費の発生による急激な増税などのリスクが県全体に分散されます。

窓口などの事務は引き続き市が行いますが、8月に届く被保険者証から保険者名が「愛知県」に変わります。また、県内の転居であれば、高額療養費の該当回数が通算され、被保険者の負担が軽減されます。

 

「国民健康保険の運営単位の広域化」については、国保年金課(☎0532・51・2288)まで日本語でお問い合わせください。

 

今日の内容についてのポルトガル語でのお問い合わせは、毎週火~金曜日の午後1時~3時30分に豊橋市役所外国人相談室(☎0532・54・8205)へお問い合わせください。