熱中症の予防について

こんにちは、豊橋市役所です。今週は、「熱中症の予防」についてのお知らせです。

 

熱中症は、暑い環境の下に長時間いることで、体内の水分・塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもる状態をいいます。熱中症を引き起こす要因には、気温や湿度が高い、風通しが悪いなどの環境の要因、屋外での長時間の作業や運動などの行動の要因、体調不良時や持病のある方がかかりやすいなどの身体の要因の3つがあります。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

 

予防法

・のどの渇きを感じる前に水分や塩分を補給しましょう。

・気温が高くなる日を確認するようにしましょう

・日傘や帽子も合わせ、涼しい服装に心掛けましょう

・外出時には、涼しい場所をみんなでシェアするためにクールシェアスポットとして指定されている公共施設や協力店に立ち寄り、暑さをしのぎましょう。

 

「熱中症の予防」については、健康政策課(☎0532・39・9111)まで日本語でお問い合わせください。

 

今日の内容についてのポルトガル語でのお問い合わせは、毎週火~金曜日の午後1時~3時30分に豊

 

橋市役所外国人相談室(☎0532・54・8205)へお問い合わせください。