こころのSOSに気づこう

こんにちは、豊橋市役所です。今週は、「こころのSOSに気づこう」についてのお知らせです。

 

豊橋では、年間約60人が自殺しています。これは、交通事故死者数の約4倍になります。自殺は過労、生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立などのさまざまな社会的な要因が関係しており、その多くが「追い込まれた末の死」です。こころのSOSは自分では気付きにくい場合もあります。周りの人は変化に気付いたら、まずはやさしく声を掛け、話を聞いて、相談・医療機関を勧めましょう。

以下の項目に当てはまる方は相談機関へ相談しましょう。

自分自身が気付く変化

□気分が落ち込んでいる

□何事にも興味がもてない

□朝からぐったりと疲れている

□食欲がない

□寝つきが悪い、途中で目が覚める

周囲が気付く変化

□以前より表情が暗く元気がない

□仕事や家事の能率が落ちミスが増えた

□周囲との会話が減った

□一人でいることが多くなった

□頭痛・めまい・吐き気などの訴えがある

 

「こころのSOSに気づこう」については、健康増進課(☎39・9145)まで日本語でお問い合わせください。

 

今日の内容についてのポルトガル語でのお問い合わせは、毎週火~金曜日の午後1時~3時30分に豊橋市役所外国人相談室(☎0532・54・8205)へお問い合わせください。