国際自動車コンプレックス計画

概要

国際自動車コンプレックス計画は、海外自動車企業の日本へのゲートウエー(玄関口)を整備する計画です。
以下に自動車輸入の重要港である三河港付近の用地で本計画を説明します。

1.陸海空の流通条件の整備

日本の中央という地理的な優位性を活かして、完成車やパーツの流通にとって欠かすことの出来ない、
港湾(三河港)、高速道路(東名、第二東名)、空港(中部国際空港)の一体的な整備を進めます。



2.日本企業と外資系企業の事業交流ポイントの整備

日本国内で自動車産業の中心である中部地区で、外資系企業が立地しやすい環境を整備し、
そして重要な事業ポイントとして日本企業と外資系企業が活発に交流できる環境を整備します。



3.環境を考慮した企業戦略に対応できる地域整備

「国際自動車コンプレックス計画」は、自動車産業のゲートウェイにふさわしいインフラ整備と、自動車のライフサイクルに従って、企画設計、製造、輸送・保管、展示・販売、メンテナンス、リサイクルに一環して対応するための各種プロジェクトを計画しています。