豊橋の文化

豊橋の歴史

“牛川原人”は紀元前10万年頃にこの地方に住み始めたと言われ、その痕跡は、嵩山蛇穴遺跡や瓜ご遺跡に見る事ができます。
この地域は7世紀頃から穂の国(米の国)と呼ばれ、三河国(三河の国)の一部として統合されました。
9世紀後、多くの神社が建立されました。当地への陸海からの往来は増え、他地域との交流が増えました。
1505年、今橋城が建立され、後に吉田城と改名されました。
1590年、池田照正が吉田城城主となり、町は城下町として発展しました。
江戸時代(1603~1867)、豊橋は東海道53次の宿場町で、陸上海上交通の要所として栄えました。
1869年、吉田藩は豊橋藩となり、1906年、愛知県下で豊橋市は市政を施行しました。
1930年代、人口は14万人を超え、絹生産と軍都として日本中で有名になりました。
第2次世界大戦中の1945年に市の大半は空襲で焼失しました。 戦後、市民の驚くべき努力と画期的な復興努力で現在の市街路の基礎が建設されました。